本シシャモ

『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』
またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。
本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。
子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。

関連記事

  1. マンキカツオ

  2. ボラの卵巣

  3. 緋扇貝(ひおうぎがい)

  4. ロウニンアジ

  5. 塩水生ウニ

  6. 「oBento」サービス、いよいよ明日から!

  7. ササイカ

  8. キタムラサキウニ

PAGE TOP