本シシャモ

『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』
またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。
本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。
子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。

関連記事

  1. 塩水生ウニ

  2. 初競り

  3. ウチワエビ

  4. 【麒麟がくる】キリンビール岐阜支店オリジナルラベル#ぶらっ菜本店 #ぶ…

  5. タテシマフエフキ

  6. 葉付き枝豆

  7. 「…。」

  8. オニオコゼ

PAGE TOP