ウメイロ

背が黄金色=熟した梅の色に似ていることからそう呼ばれます。
地方での呼び名が正式名称となった説もあります。
もっぱら亜熱帯に生息し、味が良いことは知られていますがなにせ漁獲量が少ないため高級魚として取り扱われます。
身が脂肪で白濁した白身ですが意外と淡白。それ故に上品な甘みと旨みがより堪能出来ます。

関連記事

  1. 【スダレ貝】希少性と希少価値が混然とした貝。というのはわざわざこの貝を…

  2. 本ミルガイ(黒ミル)

  3. 【塩水生ウニ】添加物一切無しの『キタムラサキウニ』です。甘みがハンパな…

  4. 101回目のダイエット#ぶらっ菜本店

  5. 『ぶらっ菜まぐろう』22周年記念感謝祭開催︎ …と、少し悲しいお知らせ…

  6. 迷いカツオ

  7. ボラの卵巣

  8. 畝須(うねす)

PAGE TOP