アカザエビ

イタリアでは『Scmpi(スキャンピ・スカンピ)』などと呼ばれますが、一般的には『テナガエビ』と呼ばれることが多いです。
ただ本種の『テナガエビ』は一般的に『カワエビ』と呼ばれる淡水域や汽水域に生息するものなので混同されることがよくあります。
非常に甘みが強く、生で食しても火を通しても超美味。ただしエビの中では最も市場価格が高く仕入れにもかなり勇気が必要です。

関連記事

  1. セコガニ

  2. ガキカキ君

  3. ツキヒガイ

  4. 生ホタルイカ

  5. ボラの卵巣

  6. 華姫サワラ

  7. 塩水生ウニ

  8. ナマコ

PAGE TOP