キビナゴ

『キビナゴ』といえば鹿児島の郷土料理として有名ですが(知らなかった人はこの機会に覚えて下さい)、この地方でも刺身用に腹開きしたものが出回ります。キラキラと光る魚体がとても綺麗な魚で、頭から尾にかけて横に走るラインが『キビ(鹿児島でいうところの帯)』に見えることが『キビナゴ(帯の魚)』と呼ばれる所以だとか。

関連記事

  1. 時不知鮭(トキシラズ)

  2. 【キタムラサキウニ】可食部分は『肝』、と思いきや、なんと!雄は『精巣』…

  3. 【スギ】『黒カンパチ』の名で流通することがありますが、カンパチとは全く…

  4. ハマフエフキ

  5. マテガイ

  6. 初競り

  7. 初荷札

  8. ガスエビ

PAGE TOP