関アジ

関アジとして市場に出回るには様々な条件があります。ひとつひとつ取り上げれば解説が長くなりますので本物の大きな見分け方をひとつ。
魚を〆る際には左頭にして見えない裏側に包丁を入れるのが原則ですが、関アジ関サバに限っては、敢えて面側に包丁を入れ〆てあります。

関連記事

  1. タテシマフエフキ

  2. マボヤ

  3. 畝須(うねす)

  4. 大間本マグロ

  5. 桜エビ・新物

  6. ミネフジツボ

  7. ボラの卵巣

  8. 関アジ

PAGE TOP