華姫サワラ

漁獲後すぐに船上にて活け〆し神経を抜きます。
そして播磨灘は坊勢(ぼうぜ)漁港に水揚げされ、中でも大型(全長90cm、体重4kg程度)のサワラは『華姫サワラ』として姫路ブランドとなっています。
華(はなつぎ網漁法)でとれた姫(姫路)のサワラといった意味ですが、魚が網に触れる時間が短いこの漁法により格段の鮮度が保たれます。

関連記事

  1. 鰤(ブリ)

  2. オニオコゼ

  3. ボラの卵巣

  4. マグロの白子

  5. ハマフエフキ

  6. タイラ貝

  7. おでんメニュー

  8. キジハタ

PAGE TOP