オコゼ

漢字では虎魚と書きます。正式名称は『オニオコゼ』。晩春から夏に旬を迎えます。
醜女である山の神に、より醜いオコゼを捧げると山の神が喜ぶといった言い伝えから『ヤマノカミ』と呼ばれることもあります。
見た目にそぐわず味覚は絶品。特に活け物は超高級として取り扱われます。福井産。

関連記事

  1. トクビレ

  2. 【キタムラサキウニ】可食部分は『肝』、と思いきや、なんと!雄は『精巣』…

  3. 101回目のダイエット#ぶらっ菜本店

  4. アナジャコ

  5. イバラモエビ

  6. 本ミルガイ(黒ミル)

  7. ガスエビ

  8. 初荷札

PAGE TOP