ノドグロ

正式名称は『アカムツ』。主に日本海側では『ノドグロ』と呼ばれています。
口の中を覗くと喉が真っ黒なことからそう呼ばれているのですが、ノドグロに限らず深海魚は内臓が黒いものが多いです。
今回の『ノドグロ』はブランド名こそ無いものの、「笹川丸」の一本釣りノドグロとして島根県の「どんちっちのどぐろ」や長崎対馬の「紅瞳」と比肩され、驚くほどの高値で取引されます。
別名「白身のトロ」と称される上質な脂を是非、刺身でご堪能下さい。

関連記事

  1. オオコシオリエビ

  2. 【マテガイ】見た目はグロテスクですが歴とした二枚貝の一種です。干潟など…

  3. ロウニンアジ

  4. ホタルイカ

  5. 生ホタルイカ

  6. 関アジ

  7. 時不知鮭(トキシラズ)

  8. 【迷いカツオ】春に北上するのが『初カツオ』。逆に脂を蓄えて秋に南下する…

PAGE TOP