ヒオウギガイ

色鮮やかなことから『ニシキカイ』などとも呼ばれますが、この地方では専ら『アッパガイ』と呼ばれています。
これは焼くと殻を閉じたり開いたり様から名付けられたと言われています。養殖されてもいますが、極めて生産量が少なく地域的な流通が主となっています。
食感が強く甘みがあり、刺身でも焼きでも大変美味な貝です。

関連記事

  1. 本ミルガイ(黒ミル)

  2. エッチュウバイ

  3. 畔蛸(あだこ)の岩カキ

  4. 【大間本マグロ】もはや説明の必要もないでしょう。泣く子も黙る青森県は『…

  5. 華姫サワラ

  6. 戻り鰹

  7. 畝須(うねす)

  8. キビナゴ

PAGE TOP