【本シシャモ】『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。#シシャモ#本シシャモ #本シシャモはオスが美味い #ぶらっ菜 #セカタマ #世界のタマミヤ #世界のタマミヤプロジェクト #世界のタマミヤプロジェクト公認店 #世界のタマミヤプロジェクト加盟店

【本シシャモ】『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。#シシャモ#本シシャモ #本シシャモはオスが美味い #ぶらっ菜 #セカタマ #世界のタマミヤ #世界のタマミヤプロジェクト #世界のタマミヤプロジェクト公認店 #世界のタマミヤプロジェクト加盟店

関連記事

  1. アカザエビ

  2. ロウニンアジ

  3. ウチワエビ

  4. 桜エビ・新物

  5. ノドグロ

  6. キタムラサキウニ

  7. 【マスノスケ】標準和名は『マスノスケ』ですが、世界的には『キングサーモ…

  8. 【スダレ貝】希少性と希少価値が混然とした貝。というのはわざわざこの貝を…

PAGE TOP