【本シシャモ】『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。#シシャモ#本シシャモ #本シシャモはオスが美味い #ぶらっ菜 #セカタマ #世界のタマミヤ #世界のタマミヤプロジェクト #世界のタマミヤプロジェクト公認店 #世界のタマミヤプロジェクト加盟店

【本シシャモ】『子持ちシシャモ』として出回るものの殆どは『カラフトシシャモ』またの名を『カペリン』と呼ばれるもので国産の『本シシャモ』とは別種です。本来、『シシャモ』は『シシャモ』なのですが、輸入ものと混同されないように『本』を付けることが多いです。子持ちが重用されますが、味は雄の方が断然美味です。#シシャモ#本シシャモ #本シシャモはオスが美味い #ぶらっ菜 #セカタマ #世界のタマミヤ #世界のタマミヤプロジェクト #世界のタマミヤプロジェクト公認店 #世界のタマミヤプロジェクト加盟店

関連記事

  1. 真珠貝柱

  2. ツキヒカイ

  3. 『ぶらっ菜まぐろう』22周年記念感謝祭開催︎ …と、少し悲しいお知らせ…

  4. 【マンキ】間違って日本海に入り込んだ本カツオを『迷いカツオ』と呼びます…

  5. アナジャコ

  6. 本マグロ

  7. 氷見・迷いカツオ

  8. 畔蛸(あだこ)の岩カキ

PAGE TOP