オオコシオリエビ

腰を折っているから『コシオリエビ』とまんまなネーミング。『コシオリエビ』の中でも大きなことから『オオコシオリエビ』です。とことんそのまんま。殻が剥きにくく身を取り出すのは難儀ですが、甘みも強く何よりもミソが美味いことが知られています。そのまま素揚げにするのが無難ですが、これが元の身とミソの旨味に香ばしさが加わり絶品な肴となります。酒がすすむ、すすむ!

関連記事

  1. 【セコガニ】北陸では『香箱ガニ』、京都では『コッペガニ』などと呼ばれて…

  2. 生ミンククジラ

  3. ナマコ

  4. ウチワエビ

  5. アナジャコ

  6. モサエビ

  7. ボラの卵巣

  8. 【生本まぐろ解体ショー】#ぶらっ菜 #ぶらっ菜本店#まぐろ解体ショー …

PAGE TOP