【カマス】ひとことでカマスといってもその種類は20を越すといわれています。ただ一般的に市場に出回るものは『アカカマス』か『ヤマトカマス』がほとんど。中でも『アカカマス』は味わい上級と言われています。毎年、この時季になると刺身用に活け〆物が出回りけして安くはない価格で取引きされます。ちなみにカマスの名は穀物や塩、石炭などを入れる『叺(かます)』むしろの袋から来ていると言われています。叺の様に口が大きいことがその所以だそうですが真相はわかりません。#丸大駅前センター #さんぞう #かます #カマス #三重産

【カマス】ひとことでカマスといってもその種類は20を越すといわれています。ただ一般的に市場に出回るものは『アカカマス』か『ヤマトカマス』がほとんど。中でも『アカカマス』は味わい上級と言われています。毎年、この時季になると刺身用に活け〆物が出回りけして安くはない価格で取引きされます。ちなみにカマスの名は穀物や塩、石炭などを入れる『叺(かます)』むしろの袋から来ていると言われています。叺の様に口が大きいことがその所以だそうですが真相はわかりません。#丸大駅前センター #さんぞう #かます #カマス #三重産

関連記事

  1. ヨロイイタチウオ

  2. イバラモエビ

  3. 的矢(まとや)岩カキ

  4. 【ノドグロ】正式名称は『アカムツ』。主に日本海側では『ノドグロ』と呼ば…

  5. 関アジ

  6. 【エッチュウバイ】白バイとして親しまれているバイ貝ですが、越中とはつく…

  7. 【アナジャコ】再登場です。干潟に穴を掘りそこに住むことから『アナジャコ…

  8. 【キジハタ】ハタ科の魚ですが、この界隈、主に三重県ではなぜか『アズキマ…

PAGE TOP