キタムラサキウニ

「海胆」「雲丹」「海栗」と様々な漢字があてがわれるウニですが、可食部分は生殖腺で雄ならば精巣、雌ならば卵巣に当たります。
見た目には殆ど変わりませんが、産卵期になると雄の方がより濃厚な味わいになるといわれていますが…はて?
ただこの『キタムラサキウニ』の方が『バフンウニ』よりも見た目色白であっさりした味わいであることは確かです。

関連記事

  1. シシャモ

  2. 華姫サワラ

  3. キジハタ

  4. 【大間本マグロ】もはや説明の必要もないでしょう。泣く子も黙る青森県は『…

  5. マボヤ

  6. 【ボラの卵巣】塩漬け→塩抜き→天日乾燥を経て『カラスミ』となります。名…

  7. 畔蛸(あだこ)の岩カキ

  8. キビナゴ

PAGE TOP