トクビレ

「特」に大きな「鰭(ヒレ)」を持つことが名前の由来ですが、『ハッカク』と呼ばれる事の方が一般的です。
胴体の断面が八角形であることがその理由。深くは600mもの水深がある海底に生息するいわゆる深海魚の仲間です。
脂が乗った白濁とした白身で、それ故に口溶けがよく旨みも濃厚です。

関連記事

  1. シシャモ

  2. 枝豆

  3. 新サンマ

  4. 畔蛸(あだこ)の岩カキ

  5. バフンウニ

  6. 畝須(うねす)

  7. ボラの卵巣

  8. モサエビ

PAGE TOP